南アフリカ テーブルマウンテン トレッキングまとめ

南アフリカ共和国・ケープタウン。アフリカ大陸の南西端に位置し、年間を通して温暖な気候と豊富な固有植物が生える自然に恵まれた街。その背後に構えるのがテーブルマウンテン。1000mを超える高さからの眺望は素晴らしく、ケーブルカーで登ることができる人気の観光地。僕らは自分たちの足で登ることにした。

本記事では、テーブルマウンテンでのトレッキングのまとめとして、ルート、準備とアクセス、気候と装備、食事と宿泊、などについてレポートします。

(2016年10月時点の情報です)

スポンサーリンク

テーブルマウンテンとは

南アフリカ共和国のケープタウンにある山で、垂直に切り立った崖と平坦な山頂が特徴。その形はまさにテーブル。標高は1,000m以上あり、テーブルの上からはケープタウンの街並み、ライオンズヘッド、大西洋に浮かぶロベン島など、ケープタウン周辺の景色をぐるっと見渡すことができる人気の観光地となっています。

テーブルマウンテン一帯は、世界自然遺産にも指定されている「ケープ植物区保護地域群」に含まれ、固有種を含む非常に多くの植物を見ることができる場所でもあります。

テーブルの上へはケーブルカーで上がることもできますが、トレッキングで登ることもできます。僕らはケープタウンからの日帰りでトレッキングしました。

テーブルマウンテンは頂上に迫るほど垂直に切り立った壁

足元には様々な草花を見ることができます

トレッキングルート

テーブルマウンテンの山頂に至るトレッキングルートは主に3つ。

一つ目は、プラッテクリップ峡谷を登るルート。傾斜はきついもののほぼ階段状のトレイルが続き、安全に登ることができます。ケーブルカー乗り場を通り過ぎ2キロほど進んだ辺りが登山口となります。登山口は標高400mほどの場所にあり、テーブルの上まで標高差で600mほど登ることになります。僕らはこのルートで登り、下りはケーブルカーを利用しました。

トレッキングレポートはこちら

ケープタウンのシンボル 南アフリカ テーブルマウンテン トレッキング
南アフリカ共和国・ケープタウンの街の背後に構えるのがテーブルマウンテン。標高1000mを超える高さからの素晴らしい眺望を楽しむべく、テーブルマウンテンへ登った日帰りトレッキングレポートです。

二つ目は、ケーブルカーの真下を直登するインディアフェンスターと呼ばれるルート。崖のような場所を登る難易度の高いルートです。天気が悪い日やトレッキング初心者の方は避けた方が良いでしょう。

三つ目は、ケープタウンの街からテーブルマウンテンを挟んで反対側のカーステンボッシュ国立植物園から登るスケルトン峡谷のルート。こちらは梯子を登る箇所があるようです。

テーブルの上は、幅3キロほどの平坦な場所となっていて、ケーブルカーの頂上駅からテーブルマウンテンの最高点である標高1,086mのマクレヤーズビーコンMaclears Beaconまでトレッキングルートが整備されています。プラッテクリップ峡谷を登りきったポイントからは往復1時間半ほどでマクレアーズビーコンまで歩くことができます。

行ってわかったテーブルマウンテン その1

プラッテクリップ峡谷の途中には水平方向に伸びるトレイルがあって、ケープタウンの街を眺めながら気持ち良く歩けそうなルートでした。山の上部がすっぽりと雲に包まれているような日は、無理に上まで登らず、この水平トレイルを歩いてみるのも楽しみ方の一つだと思います。

テーブルマウンテンの上部は、平坦なトレイルが広がっています

水平方向に伸びるトレイルはケープタウンの街を見下ろしながら歩くことができる

アクセスと準備

ケープタウンの市街地からテーブルマウンテンのケーブルカー乗り場までは、バス(MyCiti Busや2階建てのオープンバスCity Sightseeing Cape Town Hop on Hop off)、タクシー等でアクセスできます。徒歩で向かうこともできますが標高差400mほど登ることになる点を留意しておきましょう。プラッテクリップ峡谷の登山口はケーブルカーの乗り場の2キロほど先にあります。タクシーの場合、お願いすれば登山口まで連れて行ってもらえます。

ケーブルカーは片道R135、往復R255。天候不良だと運休することがあります。運行状況はネット上で確認できるので、必ず確認してから向かいましょう。

僕らは、行きは市街地からプラッテクリップ峡谷の登山口までタクシー(メーターでR55)に乗り、頂上までトレッキングした後、帰りはケーブルカーで麓まで下り、そこから市街地まで歩きました。

トレッキングに許可証等は不要です。

ケーブルカー山頂駅とライオンズヘッド。海に浮かぶのはロベン島

気候と装備

テーブルマウンテンは雲がかかることが多く、ケープタウンの街は晴れていても山だけすっぽり雲に覆われているということもあります。予備日も設けながら、テーブルマウンテンに行く日は天気を見て柔軟に判断するのが良いと思います。

また登り始めは晴れていても、急に天候が悪化することもあります。特に、雲の中に入ってしまうとかなり冷たい空気にさらされるため、レインウェア、手袋などの雨と寒さの対策を忘れないようにしましょう。頂上付近の標高は1,000mを超えるため、晴れている日でも市街地より低い気温であることを想定しておきましょう。

また、かなりの急登を上がって行くことになるので、水は多めに用意しましょう。トレイルは岩場が多く、段差も大きいです。しっかりとしたトレッキングシューズが必要です。

僕らの海外トレッキング&世界一周の装備・持ち物のまとめ記事はこちら

海外トレッキング&世界一周 装備・持ち物まとめ
トレイルトラベラーズの世界のトレイルを巡る旅は、世界一周バックパッカー&海外トレッキング。長期旅行とトレッキングそれぞれの観点から必要最小限の荷物を背負って世界のトレイルを巡っています。長時間歩くことも多いため、軽量化・ファストパッキングを意識しなが...

行ってわかったテーブルマウンテン その2

風が強く早いスピードで雲が流れるので、晴れていても急にホワイトアウトになることもあります。一方、頂上などでは、しばらく待っていると雲の切れ間から眺望が開けることも。僕らが登った日は、途中からすっぽり雲がかぶってしまっていたのですが、ケーブルカー乗り場付近は、晴れていて眺望を楽しむことができました。判断が難しいところですが、雲がかかっていてもケーブルカーが運行している状況であれば、諦めずに登ってみるのも選択肢の一つでしょう。

雲がかなりのスピードで流れ落ちていく姿は圧巻の光景でした

食事と宿泊

ケーブルカーの駅周辺にレストラン、売店があるようです。トレイルの途中にはありません。僕らはサンドイッチを作って持っていき頂上で食べましたが、鳥が狙ってくるので気をつけましょう。

宿泊はケープタウンのゲストハウスを利用しました。従業員はフレンドリーでしたが、清潔感は値段相応という感じでした。ケープタウンは、安宿から高級ホテルまで様々なグレードの宿泊施設があるため、予算や好みに応じて選択可能です。

青い大西洋が広がる

費用

市街地からプラッテクリップ峡谷までのタクシー:一台R55

ケーブルカー片道(下り):一人R135

参考にした情報

Table Mountain Aerial Cableway

ケーブルカーのオフィシャルサイト。天候や運行状況の確認、チケットの購入ができます。

Hike Table Mountain

テーブルマウンテンのハイキングガイドツアーサイト。複数のトレッキングルートがきれいな写真とともに紹介されています。

まとめ

テーブルマウンテンは、ケープタウンを訪れるほとんどの観光客が訪れる定番スポット。標高1,000mもの断崖から見下ろす景色は爽快なものがあります。ケーブルカーで一気に登ることもできますが、見どころは頂上からの景色だけではありません。足元に広がる様々な花や草木を楽しむことができるのは、トレッキングならではの楽しみ方でしょう。

標高差は600mほどあるため、それなりに登り応えがありますが、下りはケーブルカーも利用できるので、ぜひ登りはトレッキングにチャレンジして欲しいなと思います!

ケープハイラックスというモルモットのような可愛らしい動物を見ることもできました!

テーブルマウンテンでのトレッキングで気になることがあればコメント欄に!

テーブルマウンテンでのトレッキングって実際どうなの?と気になることがあれば、コメント欄にメッセージいただければ、今回のトレッキングの実体験をもとに、わかる範囲でお答えします!

世界のトレイルを巡る旅の概要はこちら

世界のトレイルを巡る旅 ルートまとめ
2016年4月13日から300日間、僕らは夫婦で世界のトレイルを巡る旅に出発しました。本記事では、僕らが訪れた世界のトレイルと旅全体のルートをまとめています。
スポンサーリンク

シェアする