ハワイ・オアフ島 クリオウオウ・リッジ・トレイル トレッキングまとめ

ハワイ・オアフ島には、気軽に楽しめるトレッキングルートがたくさんある。クリオウオウ・リッジ・トレイルは、オアフ島の南東部、コオラウ山脈の尾根を登っていく往復約8キロのルート。登りきった眺望ポイントからは、東海岸の美しい海とビーチや、ココヘッドなどを眺めることができる。

(2016年12月時点の情報です)

スポンサーリンク

クリオウオウ・リッジ・トレイルとは

ハワイ・オアフ島の南東部、コオラウ山脈の尾根沿いを登っていくトレッキング・ルート。クックパインの森を抜け、少し滑りやすい階段状の尾根道を登った頂上のビューポイントからは、ワイマナロ・ビーチなど東海岸の美しい海とビーチ、ココヘッドやハワイカイなど素晴らしい眺望を楽しむことができる、全長約5マイル(約8キロ)の往復ルートです。

ホノルル・ワイキキ地区からも気軽にアクセスできる位置にあるので、半日程度の時間でハワイ・ハイキングを楽しみたい方にオススメです。

アクセス

クリオウオウ・リッジ・トレイル(Kuliouou Ridge Trail)は、ホノルル・ワイキキ地区から車で30分ほどの距離にあります。

車の場合、ホノルルからだと、72号線(Kalaniana’ole Hwy)を東方面(ハワイカイ、ココヘッド、ハナウマ・ベイ方面)に進み、ハワイカイの少し手前のクリオウオウ・ロード(Kuliouou Load)を左折し、山側に登っていきます。右手に見える公園を通り過ぎ、最後はカラアウ・プレイス通り(Kala’au Pl.)に入った行き止まりが、トレイルヘッドになります。駐車場はないため、カラアウ・プレイス通りに停めます。住宅街なので居住者の迷惑にならないよう気をつけましょう。

バスでもアクセスしやすいです。ホノルル・ワイキキ地区からは22番や23番に乗り、クリオウオウ・ロードのバス停で下車(乗車時間は30分ほど)。クリオウオウ・ロードからトレイルヘッドまでは車でのアクセスと同様です。バス停からトレイルヘッドまでは徒歩30分ほどの距離です。

この道の一番奥がトレイルヘッド。車はこの道路沿いに駐車します。

トレッキングルート

全長約5マイル(約8キロ)の往復ルートで、3〜4時間で歩くことが可能です。トレイルは明瞭で、危険な箇所は特にありませんが、頂上手前の階段状の尾根道は、泥で滑りやすくなっていました。また頂上のビューポイントは切れ落ちた崖となっており、安全柵も無いので気をつけましょう。

標高差は1,800フィート(約550メートル)です。高尾山へのトレッキングを少しきつくしたような難易度です。

住宅街の裏手から

住宅街のすぐ裏がトレイルヘッドになっています。ハワイは、海も山も日常と近接していて、鎌倉のような魅力的な場所ですね。

岩が露出したトレイルを進んでいくと、クリオウオウ・リッジとクリオウオウ・バレーの分岐に到着します。クリオウオウ・リッジ方面に進みます。

住宅街を抜けたところがトレイルヘッド

しばらくは森の中を進む

クリオウオウ・バレーとの分岐。クリオウオウ・リッジは右へ進む

クックパインの森

途中からスイッチバックの道となり、このあたりから針葉樹の森に変わります。幹に竹のような節がついている木はクックパインで、ハワイで良く見ることができます。

落ち葉でフカフカのトレイル

竹のような節が特徴的なクックパインの森へ

根っこに足を取られないように気をつけて進む

ハワイカイとココヘッド

徐々に登りが急となり、ところどころ階段となります。

この辺りから、少しずつ視界が開け、脈々と連なる尾根や、ハワイカイ、ココヘッドなどを見渡すことができるようになります。

脈々と続く尾根

階段も滑りやすいので要注意

ココヘッド(左)とハワイカイ(右の入江)

泥んこ階段を抜ければビューポイント

最後は、泥んこの階段ゾーンでした。階段は滑りやすい上に、段差もあるので、歩きにくく、注意が必要です。

これを乗り越えればゴール。青い海が見えてきます。

足元が悪いのか、慎重に降りてくるハイカー

頂上に到達すると青い海が待っていた

東海岸の美しい海とビーチ

眼下に東海岸の美しい眺望が広がります。正面にはワイマナロ・ビーチ、左手遠くにはカイルア・ビーチやラニカイ・ビーチ、右手にはマカプウ・ポイントを望むことができます。

絶景ポイントですが、切れ落ちた崖になっているため、足元には気をつけましょう。

オアフ島の東海岸を一望

南国を感じさせる美しい青

崖下から風が吹き上がり気持ちが良い

絶景を楽しみながらの帰り道

気候と装備

僕らが訪れたのは12月ですが、常夏のハワイなので、半袖短パンで歩きました。

泥で滑りやすい箇所があるので、汚れても良いシューズ・服装をオススメします。滑りやすいのでシューズはしっかりとしたものがオススメです。

水と食料も忘れずに持って行きましょう。

トレイル上にトイレや水道はありません。クリオウオウ・ロード沿いにある公園にはトイレがありました。

海と山と住宅エリアが近接するオアフ島

参考にした情報

The Hikers Guide to OAHU

ハワイ・オアフ島の52のトレッキング・ルートが紹介されています。距離、難易度などのルート概要、簡単な地図、アクセス方法、各ルートの魅力の紹介などが掲載されています。エリア別、タイプ別に分類されており、複数箇所のトレイルを歩きたかった僕らにはとても参考になりました。Kindle版あり。

まとめ

南米からオセアニアへ移動するために、ハワイを経由しました。ハワイは僕ら夫婦が結婚式を挙げた想い出の場所で、挙式後に向かったカウアイ島でのトレッキングが素晴らしかったこともあって、今回のオアフ島でのトレッキングをとても楽しみにやってきました。

クリオウオウ・リッジ・トレイルは、適度な難易度で、素晴らしい眺望が楽しめるルートでした。他にはアイエア・ループ・トレイルを歩きました。

オアフ島には数多くのトレッキングルートがあって、難易度も様々。海が見えるルート、眺望が素晴らしいルート、熱帯雨林が美しいルートなど魅力的なルートがたくさんあるので、またハワイを訪れてたくさんのルートを歩きたいなと思っています。

オアフ島アイエア・ループ・トレイルのトレッキング記事はこちら

ハワイ・オアフ島 アイエア・ループ・トレイル トレッキングまとめ
アイエア・ループ・トレイルは、ハワイ・オアフ島にある熱帯雨林の中を歩くことができる全長8キロの周回ルート。コオラウ山脈を貫くH3ハイウェイや、パールハーバーを眺めることができ、ホノルルから車で30分程度とアクセスの良さも魅力的なルートです。

カウアイ島ヌアロロ・トレイルのトレッキング記事はこちら

絶景ナパリコーストを望むハワイカウアイ島ヌアロロトレイル
2015年9月僕ら夫婦はハワイで結婚した。トレイルランニングが大好きな僕らは、ハワイで結婚式を挙げることを決めた時点で、ハワイの大自然の中を走ることを決めていた。 結婚式の後に向かったのはガーデンアイランドと例えられるカウアイ島。世界有数の降水...

世界のトレイルを巡る旅の全体概要はこちら

世界のトレイルを巡る旅 ルートまとめ
2016年4月13日から300日間、僕らは夫婦で世界のトレイルを巡る旅に出発しました。本記事では、僕らが訪れた世界のトレイルと旅全体のルートをまとめています。
スポンサーリンク

シェアする