ペルー ワラス サンタクルス谷トレッキングに行ってわかった3つのこと

僕らの旅もいよいよ南米へ。はじめに訪れたのはペルーアンデスの核心部とも言えるブランカ山群サンタクルス谷。5000m級、6000m級の山々がひしめくアンデス山脈の天井のような場所。予想外のハプニングに見舞われながらも3泊4日のトレッキングを行い、アンデスの大自然を堪能した。

本記事では、ブランカ山群サンタクルス谷でのトレッキングに実際に行ってわかったことをまとめました。

(2016年11月時点の情報です)

スポンサーリンク

その1:アンデスの様々な景色が楽しめる

アンデス山脈は南米大陸の分水嶺。サンタクルス谷を流れる水は太平洋に注ぎ、ウニオン峠を越えた向こう側を流れる水はアマゾンを経由して大西洋に至ります。サンタクルス谷側は乾燥しており、サボテンやエアープランツ等が見られました。ヤンガヌコ谷側は大きな木も多く、バケリア周辺では農村歩きも楽しめます。軒先では豚、羊、鶏などが飼われ、ジャガイモ畑も広がります。放し飼いのリャマも見ました。

周りを取り囲む5,000m級、6,000m級の山々は白く輝く氷河を抱き、氷河湖のエメラルドグリーンも美しい。アンデスの大自然とそこに暮らす人々の生活を垣間見られるこのコースは、毎日景色の変化がありおすすめです。

サンタクルス谷はサボテンが印象的でした

放し飼いされているリャマを見かけることも

その2:高度順応はしっかりと

ワラスは標高3,090m、さらにサンタクルス谷トレッキングの最高地点ウニオン峠は4,750m。海沿いのリマからやってきてすぐにトレッキングするのは無謀です。ワラス到着後はしっかり休息をとり、できれば高度順応のために一度標高が高い場所への日帰りトレッキングや観光を入れることが望ましいです。

僕らはワラス滞在3日目にラグーナ69のトレッキングにチャレンジしましたが、ひどい高山病で湖までたどり着けずギブアップしました。登山口で3,900mほど、湖は4,600mほどあるので、厳しかったようです。しかし、標高4,000m以上の高所を一度訪れたことが、結果的にサンタクルス谷トレッキングのための高度順応になり、サンタクルス谷を歩いたときは高山病の症状は出ませんでした。

サンタクルス谷トレッキングで十分な高度順応ができたため、その後、標高3,400mのクスコに行ったときも元気でした。

連日の高所歩きとなるサンタクルス谷トレッキング

その3:標高が高くても調理できる山ごはんを準備しよう

標高が高いと沸点が低くなるため、パスタも野菜も火を通すまでの時間がいつもより長くなります。燃料も限りがあるので、できるだけ調理時間が短くなるように食材は工夫する必要があります。今回の主食は、ワラスのスーパーで手に入りやすい、インスタントラーメンや細いパスタ(ゆで時間が3分のエンジェルパスタ)にしました。とはいえそれでも、エンジェルパスタは茹でている間に溶けてしまい、調理が難しかったです。

具も短時間で調理できそうなものを優先して持ってきました。スーパーで見つけた乾燥大豆ミート(肉っぽい食感にしてある豆の加工品)は、麺と一緒に茹でるだけで食べられ重宝しました。あとは野菜、ツナ、ゆで卵など。野菜はメルカド(市場)で小さくカットされたいろいろ種類の野菜がミックスされて袋に入ったものが売っています。日持ちはあまりしませんが、彩りもよく使いやすいです。ゆで卵はトレッキング前にワラスの宿で茹でて持っていきました。こちらも日持ちの心配がありますが、早めに使い切れば僕らの胃腸的には大丈夫でした。

その他にワラスで手に入るおすすめトレッキング食材はトルティーヤ。 パンより嵩張らず腹持ちもいいのでおすすめです。チーズやハムと食べたり、はちみつやジャム等甘い味でもいけます。またフルーツもメルカドで安く手に入ります。特にマンゴーは1個30円ほどで、日本と比べてかなりお値打ち。フルーツは重量があり、食べた後の皮や種が邪魔になるので普段のトレッキングでは難しいですが、今回はドンキーを雇ったので夕食後のデザートに楽しむことができました。

右のSOYAと書いてあるものが、肉っぽい食感の大豆加工食品です

ドンキーに食料を運んでもらうための木箱。お菓子しか写ってないですが、いつもより重さを気にせず食料を持っていくことができました

サンタクルス谷のトレッキングレポート、まとめ記事はこちら

アンデスの分水嶺 ペルー ワラス サンタクルス谷トレッキング (1)
ペルーアンデスの核心部とも言えるブランカ山群サンタクルス谷。5000m級、6000m級の山々がひしめくアンデス山脈の天井のような場所で行った3泊4日トレッキングの初日のレポートです。
アンデスの分水嶺 ペルー ワラス サンタクルス谷トレッキング (2)
ペルーアンデスの核心部とも言えるブランカ山群サンタクルス谷。5000m級、6000m級の山々がひしめくアンデス山脈の天井のような場所で行った3泊4日トレッキングの二日目のレポートです。
アンデスの分水嶺 ペルー ワラス サンタクルス谷トレッキング (3)
ペルーアンデスの核心部とも言えるブランカ山群サンタクルス谷。5000m級、6000m級の山々がひしめくアンデス山脈の天井のような場所で行った3泊4日トレッキングの三日目、四日目のレポートです。
ペルー ワラス サンタクルス谷トレッキング まとめ
ペルーアンデスの核心部とも言えるブランカ山群サンタクルス谷。5000m級、6000m級の山々がひしめくアンデス山脈の天井のような場所で行った3泊4日トレッキングのまとめ記事です。ルート、準備とアクセス、気候と装備、食事と宿泊等についてまとめています。

世界のトレイルを巡る旅の全体概要はこちら

世界のトレイルを巡る旅 ルートまとめ
2016年4月13日から300日間、僕らは夫婦で世界のトレイルを巡る旅に出発しました。本記事では、僕らが訪れた世界のトレイルと旅全体のルートをまとめています。
スポンサーリンク

シェアする