ヒマラヤの高峰を見渡す アンナプルナ・ベース・キャンプ (2)

annapurna-bc2016年4月13日に始まった世界のトレイルを巡る旅は、世界の屋根とも呼ばれるヒマラヤ山脈のアンナプルナ・トレッキングから始まった。ネパールの昔ながらの農村風景から始まり、アンナプルナⅠ峰(8,091m)やアンナプルナサウス(7,219m)、マチャプチャレ(6,993m)を始めとするヒマラヤの高峰を360度の視界で眺めることができるアンナプルナ・ベース・キャンプを目指す10日間のトレッキングだ。

(本記事では、4日日から6日目までのレポートをお伝えします)

スポンサーリンク

DAY4:タダパニ〜チョムロン

登っては下り、そしてまた登る

今日は下りからのスタート。せっかく登ってきた標高をどんどん下げていく。4,130mのアンナプルナ・ベース・キャンプまでは、いくつもの川(谷)を越えて行く必要があるため、登っては下り、そしてまた登ることの繰り返しだ。
山の中にある急峻な渓谷を思い浮かべで欲しい。これをいくつも乗り越えて行くのだ。
annapurna-tadapani

タダパニから少し森を下ると視界が開け、のどかな牧場のような場所に出る

annapurna-tadapani

麦畑の中をぐんぐん下っていく。下に見える川まで下り、また登り返す

annapurna-river

このような吊橋をいくつも渡っていく。橋を渡ればいつも登りだ

 

降り出した雨により予定より早めにステイ

段々畑に沿って歩き続けるとやがて、チョムロン(Chhomrong / 2,170m)という集落に到着する。
チョムロンは今回のトレッキング・ルートの中で最も大きな集落だ。ゲストハウスも多く、ベーカリーまである。集落のもっとも高いところには学校があり、たくさんの子供たちがバレーボールを楽しんでいた。
 
当初はもう一つ谷を越えた次の集落まで進む予定だったが、チョムロンに着いたと同時に雨が降り始めたため、ここで宿泊。
 
annapurna-shop

およそ1時間おきにお店があり、案内板も出ている。ただし、所要時間の記載はかなりざっくり

annapurna-chhomrong

チョムロンの学校。集落の一番高いところにある。校庭ではバレーボールを楽しむ子どもたち

annapurna-dalbhat

チョムロンでの晩御飯、お代わり自由のダルバートにヌードルスープ

DAY5(チョムロン〜ヒマラヤ)

いよいよアンナプルナ内院(サンクチュアリ)へ

チョムロンから先はアンナプルナ・ベース・キャンプまで一本道となる。
 
チョムロンの先のシヌワを越えた辺りから、アンナプルナ・サンクチュアリ(内院・聖域・保護区)となり、チキン・バフ(水牛)といった肉類の食事が一切無くなり、また、家畜や荷役としての牛・馬・山羊も見られない区域となる。
これまで足元にたくさん落ちていた糞も無くなり、少し歩きやすくはなった。
 
夕方、本日の目的地ヒマラヤ(himalaya / 2,873m)に到着。
このあたりから、ゲストハウスの数が少なくなり、これ以降アンナプルナ・ベース・トレッキングまでは他のトレッカーと相部屋となった。
 
annapurna-chhomrong

チョムロンの集落。山の斜面に沿って集落が形成されている。牛たちも毎日上り下りしているのだろう

annapurna-sinuwa

チョムロンから下って、登り返したところにあるシヌワという場所。これ以降は肉類の食事が禁止される

annapurna-sinuwa

家畜が見られるのもシヌワが最後。

 

DAY6(ヒマラヤ〜マチャプチャレ・ベース・キャンプ)

6日目にして森林限界を超える

ヒマラヤからは一気に最終目的地のアンナプルナ・ベース・キャンプを目指すトレッカーも多い。連日、午後から天候が崩れることも踏まえると、僕らも早めに上まで上がれればと考えていた。
 
ここから先は徐々に標高を上げていく。日本の山と違い3000mを超えても大きな樹木が生い茂り、3300mを超えて、ようやく森林限界を突破する。
ここからは大きく景色が変化し、切り立った岩山の間に流れる川沿いを進んでいく。遠かったアンナプルナの高峰もかなり大きく迫ってきた。
 
annapurna-himaraya

3300mを超えて森林限界を突破。数千メートル級の切り立った山の間を進む

annapurna-deurari

アンアプルナの高峰がかなり間近に迫ってきた

天候が悪化しマチャプチャレ・ベース・キャンプでステイ

マチャプチャレ・ベース・キャンプ(machapuchare base camp / 3,700m)を手前にして、天候が悪化、降り始めた雨は次第に、霰となり、マチャプチャレ・ベース・キャンプに着く頃には雪に変わった。
 
まだ12時過ぎで、時間的にはアンナプルナ・ベース・キャンプを目指すことも出来るが、雷が鳴り、雪も本降りとなってきたため、ここに宿泊することにした。
 
ここで一泊したことは高山病対策の観点からも適切だったと思う。
 
annapurna-mbc

徐々に積雪の跡が見られるようになってくる。数日以内に降り積もったものだろう。

annapurna-mbc

マチャプチャレ・ベース・キャンプ手前で雪が降り始める

 
 
(続く) 
 
ヒマラヤの高峰を見渡す アンナプルナ・ベース・キャンプ (1)
ネパールの昔ながらの農村風景から始まり、アンナプルナⅠ峰を始めとするヒマラヤの高峰を眺めることができるアンナプルナ・ベース・キャンプを目指すトレッキングの1日目から3日目。 ナヤプルからティケドゥンガ、ゴレパニ、プーンヒル、タダパニまでのトレッキング記録です。
ヒマラヤの高峰を見渡す アンナプルナ・ベース・キャンプ (3)
ネパールの昔ながらの農村風景から始まり、アンナプルナⅠ峰を始めとするヒマラヤの高峰を眺めることができるアンナプルナ・ベース・キャンプを目指すトレッキングの7日目から10日目。 マチャプチャレBCからアンナプルナBC、バンブー、ジヌー、キムチェまでのトレッキング記録です。
アンナプルナ・トレッキング まとめ
ネパールの昔ながらの農村風景から始まり、アンナプルナⅠ峰を始めとするヒマラヤの高峰を眺めることができるアンナプルナ・ベース・キャンプを目指すトレッキングについてのまとめ記事です。 アクセス、ガイド・ポーター、ルート、ゲストハウス・レストラン、費用についてまとめました。
アンナプルナ・トレッキング 宿泊編 ゲストハウスまとめ
アンナプルナ・トレッキングの道中には、集落ごとに複数のゲストハウス・レストランがあります。数日におよぶトレッキング中、朝・昼・晩の食事と宿泊を、道中のゲストハウス・レストランにお世話になります。ここでは宿泊施設であるゲストハウスの概要と僕らが実際に泊まったゲストハウスを紹介します。
アンナプルナ・トレッキング 食事編 レストランまとめ
アンナプルナ・トレッキングの道中には、集落ごとに複数のゲストハウス・レストランがあります。数日におよぶトレッキング中、朝・昼・晩の食事と宿泊を、道中のゲストハウス・レストランにお世話になります。ここではレストランの概要と僕らが実際に食べたメニューを紹介します。
アンナプルナ・トレッキングに行って分かった7+1のこと
ネパールの昔ながらの農村風景から始まり、アンナプルナⅠ峰を始めとするヒマラヤの高峰を眺めることができるアンナプルナ・ベース・キャンプを目指すトレッキングに行ってみて分かった7+1のことをまとめました。

世界のトレイルを巡る旅の全体概要はこちら

世界のトレイルを巡る旅 ルートまとめ
2016年4月13日から300日間、僕らは夫婦で世界のトレイルを巡る旅に出発しました。本記事では、僕らが訪れた世界のトレイルと旅全体のルートをまとめています。
スポンサーリンク

シェアする