スロベニア・トリグラウ国立公園に行ってわかった4つのこと

Triglavスロベニアはユリアンアルプスにあるトリグラウ国立公園。ここにはセブンレイクと呼ばれる7つの美しい氷河湖や、スロベニア最高峰のトリグラウがあり、穏やかな牧草地から、いくつもの紺碧の湖、荒涼とした石灰岩のトレイルまで様々な表情を楽しむことができる。今回はトリグラウ国立公園の中を2泊3日でトレッキングを行った。
本記事では、実際に行って分かった、スロベニア・トリグラウ国立公園・トレッキング&旅行のTipsをお伝えします 
(2016年7月時点の情報です)
スポンサーリンク

その1:ピャーッという鳴き声が聞こえたら山の上を見よう

トリグラウのトレッキングでは、美しい景色とともに、運が良ければ動物も見ることができます。アイベックスは山に住むヤギの仲間で、大きく後ろに曲がった雄の角が特徴です。僕らはセブンレイクを越えて荒涼とした岩場が広がるあたりで彼らに出会うことができました。
 
ピャーッという、誰かが口笛で僕らを呼んでいるのかなと思うような音が静かな山に響き渡り、辺りを見回すと、岩山の上にかっこよく立つアイベックスが!反対側の岩山にも何匹かいて、そちらと何かコミュニケーションを取っているようでもありました。その後も何度か鳴き声が聞こえた後山を見渡すとアイベックスが何匹か歩いているのを見かけました。
 
写真に収めるにはズームが必要ですが、ぜひピャーッという音が聞こえたら、山の上の方の斜面を見渡してみてください。
 
大きな角が特徴のアイベックス

大きな角が特徴のアイベックス

反対側の山には数匹のアイベックスが!

反対側の山には数匹のアイベックスが!

その2:快適山小屋を楽しもう

トリグラウ国立公園には山小屋が数多く整備されています。標高が比較的低めの山小屋は、山の中ですが水道が整備されているようで、水洗トイレやホットシャワーなど、水周りの設備が充実しています。特に二泊目に利用したVodnikov Dom Na Velem Polju小屋は、最近リフォームされたようで、トイレは水洗、洗面所には手洗い石鹸と手を拭く紙が備え付けられ、蛇口をひねればお湯も出ました。別料金ですが綺麗なシャワーブースもありました。
 
小屋の中(食堂は除く)はブーツは禁止で、入り口付近の靴置き場に脱いで並べます。多くの人は持参したサンダルやスリッパなどに履き替えていました。靴下のままでもいいですが、汚れるのと陽が落ちると足下が寒くなるので、履くものを持って行ったほうがいいでしょう。
 
また、布団はありますが自分の寝袋を使うこともできます。チェックイン時にシーツが必要かを聞かれるので、自分の寝袋を持っていればそれを布団の上に広げて利用、なければ不織布でできた使い捨ての簡易シーツをもらいます。
 
トリグラウ国立公園にはトリグラウの頂上アタック以外にも様々なトレイルがあり、山小屋も点在しています。山小屋泊で泊まりがけのトレッキングがおすすめです。
二日目に宿泊したVodnikov Dom Na Velem Polju小屋

二日目に宿泊したVodnikov Dom Na Velem Polju小屋

小屋の中はこのような感じ。日本の山小屋とも似ています。

小屋の中はこのような感じ。日本の山小屋とも似ています。

その3:スロベニアのローカル料理を楽しもう

山小屋ではボロネーゼやピザなどに加えて、スロベニアのローカル料理も楽しむことができます。
 
Jota(ヨータ)という厚切りベーコンやソーセージをザワークラウト(キャベツの塩漬け、スロベニア語ではKisloŽelje)やジャガイモと一緒にスープにしたものや、Ričat(リチャット)という厚切りベーコンやソーセージを麦や野菜と一緒にスープにしたものなどが、この辺りの山小屋ごはんの定番のようです。スープですが具沢山で大きなベーコンやソーセージのかたまりがころんと入っているので、食べ応えがあります。またパンも付きます。Klobasa(クロバサ)という大きなソーセージをそのまま、付け合わせにたくさんのザワークラウトとマスタードで食べるものもあります。
 
デザートでは、Štruklji(シュトゥルクリ)というパイのようなお菓子や、Palačinke(パンケーキ)というクレープにジャムやチョコレートソースを塗って巻いたものなどがありました。
なお、ザワークラウトは付け合わせでもスープの具でも、かなりの量が出てきます。店・山小屋によっては、かなり塩っぱいこともあるので、飲み水の確保には注意しましょう。僕らは暑い昼に塩っぱいザワークラウトをたくさん食べた結果、飲み水をかなり消費してしまい、その後の歩き中はやや水不足でした。なお、水は多くの山小屋で補給可能です。
 
左がスロベニア名物のJOTA(ザワークラウトのスープ)

左がスロベニア名物のJOTA(ザワークラウトのスープ)

Klobasa(クロバサ)という大きなソーセージ&ザワークラウト

Klobasa(クロバサ)という大きなソーセージ&ザワークラウト

Palačinke(パンケーキ)というクレープにジャムやチョコレートソースを塗って巻いたもの

Palačinke(パンケーキ)というクレープにジャムやチョコレートソースを塗って巻いたもの

その4:トレッキング後はご褒美スイーツにクリームを堪能しよう

トリグラウ国立公園のトレッキングの拠点となるブレッドは、スロベニアの観光名所のひとつです。ブレッドの名物はいろいろありますが、僕らが楽しみにしていたのはクリームケーキ。生クリームとカスタードクリームをパイ生地でサンドしたもので、フワフワのプリンのような感じです。
 
ブレッド湖畔のHotel Parkが老舗なのだそうですが、街には他にもいくつかお店があります。僕らは地元の人にも人気と聞いた「Slaščičarna Šmon」のクリームケーキをトレッキング後のご褒美に楽しみました。崩れてしまうのでやや食べにくいですが、甘すぎず重すぎず美味しかったです。店内のカフェスペースで食べることもできますし、1つからテイクアウトも出来ました(ひとつ2.9ユーロ)。
 
ちなみに、スロベニアの隣国クロアチアのザグレブにも、「VINCEK」という、美味しいクリームケーキ(クレムシュニテ)が食べられるお店があります。こちらの方は上が薄いチョコレートになっています。しかもブレッドのより安い!(ひとつ9クーナ≒140円弱)ザグレブもセットで旅行する場合は食べ比べてみてください。
 
スロベニア名物のクリームケーキ!テイクアウトしました。

スロベニア名物のクリームケーキ!テイクアウトしました。

トリグラウ国立公園トレッキングで気になることがあればコメント欄に!

トリグラウ国立公園でのトレッキングって実際どうなの?と気になることがあれば、コメント欄にメッセージいただければ、今回のトレッキングの実体験をもとに、わかる範囲でお答えします!

 
 
  

 
スポンサーリンク

シェアする