パタゴニア パイネ国立公園 トレッキング まとめ

南米最後のトレッキングはチリ・パタゴニアにあるパイネ国立公園。1日の中に四季があると言われるほど目まぐるしく変化する天候、吹き飛ばされそうなほど強い風、天に向かってそびえる奇岩の塔群、南国の海のように鮮やかな色をした湖など、パタゴニアの厳しさと魅力を詰め込んだような場所だ。

本記事では、パイネ国立公園でのトレッキングのまとめとして、ルート、準備とアクセス、気候と装備、食事と宿泊などについてまとめました。

(2016年12月時点の情報です)

スポンサーリンク

パタゴニア パイネ国立公園とは

南アメリカ南部、パタゴニア地方のチリ側にある国立公園。正式にはトーレス・デル・パイネ国立公園です。公園内にはトレイルが整備され、有名なトーレスデルパイネやクエルノスパイネ等の岩峰や、南極ブナの森、エメラルドグリーンの湖、氷河等を楽しめます。僕らは三泊四日で歩きました。

トーレス・デル・パイネ(パイネの塔)を前にして

トレッキングルート

7〜10日程度でパイネ国立公園内を一周するコース(パイネ・サーキット、O(オー)トレックとも言う)や3~4日程度でW字のように見どころを回るコース(Wコース、Wルート、Wトレックとも言う)がメジャーです。トーレスデルパイネ、フランセス谷、グレイ氷河の3つが有名な見どころです。Wコースは東側からも西側からもどちらからでも歩くことが可能ですが、サーキットコースは一部区間が一方通行となっているため反時計回りで歩くことになります。

僕らは当初Wコースを西側から東側に歩く予定でしたが、一部のキャンプ場の予約が取れなかったため、サーキットコースの一部を歩いてからWコースを東側から西側に抜ける変則的なルートで歩きました。

パタゴニア・パイネ国立公園を巡る三泊四日のトレッキングレポートはこちら

嵐の大地 パタゴニア パイネ国立公園Wルート トレッキング (1)
パタゴニア・パイネ国立公園Wコーストレッキングの初日。国立公園入り口であるアマルガ湖からセレンキャンプ場までサーキットコースの一部を歩いたトレッキングレポートです。
嵐の大地 パタゴニア パイネ国立公園Wルート トレッキング (2)
パタゴニア・パイネ国立公園Wコーストレッキングの二日目。セレンキャンプ場からセントラルキャンプ場まで歩き、テントに荷物を置いてトーレスデルパイネのミラドールへ行き、再びセントラルキャンプ場まで戻った約30キロのトレッキングレポートです。
嵐の大地 パタゴニア パイネ国立公園Wルート トレッキング (3)
パタゴニア・パイネ国立公園Wコーストレッキングの三日目。セントラルキャンプ場からノルデンフェールド湖の北岸を西に向かって歩き、クエルノス小屋まで歩いた約11kmのトレッキングレポートです。
嵐の大地 パタゴニア パイネ国立公園Wルート トレッキング (4)
パタゴニア・パイネ国立公園Wコーストレッキング最終日。クエルノス小屋を出発し、イタリアーノキャンプ場へ。そこからフランセス谷へのサイドトリップを行い、パイネグランデ小屋まで歩いた約15.5kmのトレッキングレポートです。

セレンキャンプ場までのトレイルは、Wコースでは通常通らないところですが、ちょうど花が綺麗な季節で遠くまで草原が広がりロングトレイル感を楽しめました。グレイ氷河はWコースでは定番の目的地のひとつですが、今回はキャンプ場の予約が取れず断念しました。パタゴニアの氷河ではアルゼンチン側のペリトモレノ氷河も有名です。両方の氷河に行ったというカザフスタン人の青年と現地で仲良くなりましたが、彼は、ペリトモレノ氷河とグレイ氷河のどっちかひとつならペリトモレノ氷河の方、という感想を言っていました。僕らもペリトモレノ氷河は大満喫したので、残念ですが今回はこれで良しとしました。

なお、コースタイムと距離表示が事前入手した地図と看板によって違うところがあったので、余裕を持ったトレッキング計画で臨むことをおすすめします。現地の看板が最も正確だと思われます。

区間の距離と高低差を示す案内板がところどころにあります

アクセスと準備

パイネ国立公園はチリのプエルトナタレスの街が拠点になります。プエルトナタレスにはチリ国内からはプンタアレーナスから、またはアルゼンチン側のパタゴニア地方も合わせて訪れる場合は、エルカラファテからのアクセスになります。

プンタアレーナスからプエルトナタレスへの行き方

長距離バスでアクセス可能です。僕らはトレッキング後、プエルトナタレスからプンタアレーナスへバスで移動し、そこからチリの首都サンティアゴに飛行機で移動しました。プンタアレーナスへのバスチケットはプエルトナタレスのバスターミナルで予約・購入可能です。一日複数本あるようで、運行しているバス会社もいくつかありました。プエルトナタレスからプンタアレーナスの空港までは所要時間3時間程度です。プンタアレーナスの街中まで行く場合はさらに時間がかかります。

なお、プンタアレーナスはチリの首都サンティアゴからのフライトの他、飛行機で行く南極ツアーの拠点でもあるようです。

エルカラファテからプエルトナタレスへの行き方

長距離バスでアクセス可能です。エルカラファテのバスターミナルでチケットを予約・購入可能です。運行会社や時間帯によって値段に差があるようです。僕らに行ったときは一日3本程度でした。所要時間は5時間15分程度です。チリ入国の際、動植物の持ち込みは厳しく制限されています。

エルカラファテからプエルトナタレスの移動についてはフィッツロイのまとめにも記載がありますので参考にしてください。

パタゴニア フィッツロイ・セロトーレ トレッキングまとめ
アルゼンチン側パタゴニアのロス・グラシアレス国立公園。美しい南極ブナの森、難攻不落の尖塔セロトーレ、クライマー憧れの山フィッツロイを巡る二泊三日のトレッキングに関するまとめ記事です。ルート、準備とアクセス、気候と装備、食事と宿泊等についてまとめています。

プエルトナタレスからパイネ国立公園への行き方

個人およびツアーで行くことができます。ここでは個人でバスを利用してアクセスする方法を記載します。バスのチケットはプエルトナタレスのバスターミナルで購入できます。プンタアレーナスやエルカラファテからのバスが発着するのと同じターミナルです。運行会社や曜日によって、時間や料金が異なります。往復券は復路は日時オープンで買えました。

パイネ国立公園ではバスはまずアマルガ湖近くの国立公園入り口に到着します。ここで一度全員降りて、公園入場料を支払い、レンジャーから公園内のルールについて説明を受けます。その後、ホテルラストーレス方面まで移動する場合は別のバスに乗り換えます。もちろんここからトレッキングを始めることも可能です。パイネグランデ方面に行くにはプデトまでバスで行って、そこからペオエ湖をフェリーで渡ります。セレンキャンプ場方面に行くには、国立公園入り口から歩き始めます。

パイネ国立公園をトレッキングするための準備

パイネ国立公園をトレッキングするためには公園入場料を支払う必要があります。当日、国立公園の入り口で入場料を支払います。

合わせて、公園内で一泊以上する場合は宿泊場所の予約が必須となります。ホテル・キャンプ場の空きには限りがあるので、このキャパシティーが実質的な入場者数制限になっています。トレッキング日程が決まったら、早めにホテル・キャンプ場を予約することをおすすめします。

国立公園の入り口で、入場チケットを購入し、トレッキングルールの説明を受けます

気候と装備

パタゴニア・パイネ国立公園は「嵐の大地」と言われるほど厳しい環境です。「一日のうちに四季がある」と言われるほど目まぐるしく天気が変化し、夏であっても雪が降ることもあります。トレッキング終了後、プエルトナタレスに滞在していた日は、晴れと土砂降りの雨が一日のうちに何度も繰り返す不思議な天気でした。晴れている時は紫外線がかなり強いです。

よって、雨風、寒さ、日焼けのいずれについてもしっかりと対応できる装備で臨む必要があります。

テントや寝袋、ガスバーナーなどはプエルトナタレスのアウトドアショップでレンタルできます。店により値段や在庫状況に違いがあるため、複数件見て回ると良いでしょう。火器は、ガス燃料のものしか認められていないようです。ネイチャーストーブやアルコールストーブは禁止されているので注意しましょう。水はそのままでも飲めるようですが、僕らは浄水していました。

僕らの海外トレッキング&世界一周の装備・持ち物のまとめ記事はこちら

海外トレッキング&世界一周 装備・持ち物まとめ
トレイルトラベラーズの世界のトレイルを巡る旅は、世界一周バックパッカー&海外トレッキング。長期旅行とトレッキングそれぞれの観点から必要最小限の荷物を背負って世界のトレイルを巡っています。長時間歩くことも多いため、軽量化・ファストパッキングを意識しなが...

夏でも朝は霜が降りるほどとても冷え込みました

食事と宿泊

パイネ国立公園内の食事と宿泊

パイネ国立公園内にはホテル、山小屋、キャンプ場が複数あります。

食事

ホテル、山小屋ではレストランや簡単な売店が併設されています。 テント泊でも食事だけ利用することも可能です。自炊する場合、ストーブは決められた場所(キャンプ場)のみでしか使用できません。行動中の食事は火を使わなくても食べられるものがおすすめです。 

宿泊

テントはキャンプ場のみでしか使用できません。公園内にキャンプ場は複数あります。キャンプ場には有料のものと無料のものがあります。無料のキャンプ場はトイレと炊事場のみで、有料のキャンプ場はシャワー施設が併設されています。テントや寝袋は、各キャンプ場でもレンタルできるため、キャンプ用具を持ち合わせていない場合でも、テント泊が可能です。レンタルのテントは既に設置されているため、設営・撤去の手間もかかりません。

山小屋はドミトリーが基本となりますが、ホットシャワー等の設備を使え、寒さや雨を気にせずゆっくり休めるため、テント泊が基本の場合も、何日かトレッキングする場合は、一泊ぐらいは組み込んでおくのもおすすめです。一部を除き、山小屋ではシーツまたは寝袋の持参が必要です。その他、ホテルや個室中心のキャビンもあります。

セレンキャンプ場

クエルノス小屋のドミトリー

宿泊施設の予約

ホテル、山小屋およびキャンプ場は事前の予約が必須です。かつては予約がなくても当日空きがあれば利用できたようですが、近年人気が高まり、2016年10月から事前予約がないと歩くことが認められないというルールになりました。予約も以前は国立公園入り口やプエルトナタレスの街中にあるオフィスで行うことが一般的だったようですが、現在は全てネットでできるようになったため、早くから予約で埋まってしまうようになりました。日程が決まったら早めにネットで予約しましょう。

有料の山小屋、キャンプ場の運営会社は2つあり、それぞれ予約サイトが異なります(Vertice社fantasticosur社)。また無料のキャンプ場の予約は国立公園が運営する別サイトとなります。トレッキングルート、日程と相談しながら、泊まりたい場所のキャンプ場が載っているサイトを見て手配する必要があります。

僕らはキャンプ場の予約が全てネットで可能になっていたことを把握しておらず、トレッキング直前にプエルトナタレスのオフィスで手配しようとしたところ、希望するキャンプ場は既に予約で埋まっていました。空いているキャンプ場を組み合わせることで、変則的なルートになりましたが、なんとか歩くことができました。

僕らが利用したロッジ・キャンプ場と料金は後述の「主な費用」をご参照ください。

プエルトナタレスでの食事と宿泊

プエルトナタレスの街にはレストラン、大きなスーパー、ホテル、安宿等一通りあります。

僕らがプエルトナタレスで宿泊したのはSinging LambとHostel Last Hope。どちらもコモンルームの居心地がよく、清潔感もありました。Singing Lambはドミトリーの二段ベッドを利用しましたが、マットも掛け布団もふかふかで快適でした。Hostel Last Hopeには大人しくて愛想のいい犬が三匹いて可愛かったです。

Singing Lambの予約サイトはこちら

Hostel Last HopeのHPはこちら

Hostel Last Hopeの共用スペース

主な費用

(参考) 1CLP(チリペソ)=約0.18円 ※2016年12月レート

  • パイネ国立公園入場料 一人21,000CLP
  • プエルトナタレスからパイネ国立公園までのバス往復 一人13,000CLP
  • パイネグランデからプデトまでのフェリー片道 一人18,000CLP
  • セレンキャンプ場 一人7,000CLP
  • セレンキャンプ場テントレンタル 7,500CLP
  • セントラルキャンプ場 一人7,000CLP
  • セントラルキャンプ場テントレンタル 7,500CLP
  • クエルノス小屋(ドミトリー) 一人32,500CLP
  • ガスストーブレンタル(三泊四日) 4,000CLP

参考にした情報

パイネ国立公園公式サイト

パイネ国立公園の公式サイトです。無料キャンプ場の予約はこちらで行うことができます。

Fantasticosur社

Fantasticosur社のサイトです。Fantasticosur社が運営する有料のキャンプ場、山小屋の予約はこちらで行うことができます。トレッキングツアーも開催しています。

Vertice社

Vertice社のサイトです。Vertice社が運営する有料のキャンプ場、山小屋の予約はこちらで行うことができます。トレッキングツアーも開催しています。

参考にした書籍

パタゴニアに魅せられて移住した写真家の紀行文。パイネ国立公園やフィッツロイだけではない、パタゴニアの魅力が綴られています。これを読むともっと様々なパタゴニアに行きたくなりました。気分を盛り上げてくれる一冊。Kindle版があるので荷物にならず重宝しました。

まとめ

パイネ国立公園は、パタゴニア観光で最も人気がある場所の一つです。トーレスデルパイネ、フランセス谷、グレイ氷河が有名な眺望ポイントにはなりますが、それ以外の場所でもパタゴニア特有の森や草花、川や湖の美しさを堪能することができます。気候の厳しさを含め、パタゴニアの魅力を全て詰め込んだような場所とも言われますが、本当にそうだと思いました。

またキャンプ場から山小屋、ホテルまで宿泊施設が充実していることがパイネ国立公園の特徴です。トレッキング初心者からタフなハイカーまで、それぞれのスタイルで楽しめる態勢が整っています。

今回はWコースを歩きましたが、次に行く時はサーキットコースを歩き、パタゴニアの厳しくも美しい自然をもっともっと楽しみたいなと思います。

最後に、実際にパタゴニア・パイネ国立公園に行ってわかったことをまとめました。

パタゴニア パイネ国立公園に行ってわかった3つのこと
パタゴニア・パイネ国立公園のトレッキングへ実際に行ってわかったことをまとめました。

どこを歩いても楽しくなる景色が広がっていました

パタゴニア・パイネ国立公園でのトレッキングで気になることがあればコメント欄に!

パイネ国立公園でのトレッキングって実際どうなの?と気になることがあれば、コメント欄にメッセージいただければ、今回のトレッキングの実体験をもとに、わかる範囲でお答えします!

世界のトレイルを巡る旅の全体概要はこちら

世界のトレイルを巡る旅 ルートまとめ
2016年4月13日から300日間、僕らは夫婦で世界のトレイルを巡る旅に出発しました。本記事では、僕らが訪れた世界のトレイルと旅全体のルートをまとめています。
スポンサーリンク

シェアする